· 

絵図から見る大洲城 ~在りし日の大洲城を探検しよう♪~

大洲城は、明治5年に廃城となり、天守をはじめとして多くの建物が順次破却され、江戸期のもので現存する建物は、本丸の台所櫓・高欄櫓、二の丸の下台所、三の丸の御苧櫓(おわたやぐら)・南隅櫓のみとなっています。平成16年に木造4層4階の天守が復元されました。
大洲市立博物館では、近年寄贈を受けた幕末の大洲藩作事方の伊庭勝治が作図した大洲城絵図をはじめてとして、大洲城関係の絵図が多数所蔵・保管しています。江戸期のものだけでも、江戸初期から幕末期まで様々な時代の資料があり、江戸期の大洲城の変遷を辿ることができます。

本特設展では、それらの絵図をできうる限り作成年代順に並べて、一同に展示しております。絵図を比較しながら、大洲城の在りし日の姿を想像しながら、絵図による大洲城探検をお楽しみください。


◎会 場  大洲市立博物館4階展示室
◎会 期  10月16日(日)まで開催
◎時 間  9:00~17:00
◎休館日  毎週月曜日(当日が祝日と重なる場合は翌平日)
◎入館料  無 料
◎特別協力 城戸輝芳さん、松山兎月庵文化歴史館