· 

クリスマス飾りを作りました。

 今年も師走を迎え、1年が終わろうとしています。そこで、今回のふるさと見聞講座では、毎年恒例となっているクリスマス飾り(リース)の制作に挑戦をしました。使用した花材は、さつま杉、ブルーアイス、ビバーナム・ティナス、バラ、ブルースター、アイビー、斑入り柊です。出来上がった作品は、どれも細部まで工夫が凝らされ、とても素敵なものでした。リースを飾る意味には、魔除け、永遠の愛、豊作・新年祈願、ウェルカム等があるそうですが、どの家庭も今年一年が無事終わり、また明るい一年を迎えられることを祈っています。次回、12月22日(木)には正月飾りを作ります。気楽にご参加ください。